音楽ネタ

AliA(アリア)ボーカルAYAMEのプロフィールや経歴・年齢・本名まとめ!

2018年7月に結成された6人組のバンド「AliA」

「6人の主人公が求める1つしかない音楽」というキャッチフレーズで2020年大注目のバンドです。

今回はそんな AliA のボーカルを務めるAYAMEさんをメインに

  • AYAMEさんのプロフィール
  • AYAMEさんの経歴

についてまとめてみました。

AliAのAYAMEのプロフィール|本名や年齢は?

AYAMEさんは1997年12月26日生まれです。

本名や出身地などは詳細がわかりませんでした。

2019年に42本にも及ぶ全国ツアーと、台湾・香港でもライブをし、2020現在も全国ツアーの真っ最中です。

今後さらにメディアへの露出は間違えないと思いますので、詳細もわかってくることでしょう。

AliA(アリア)のAYAME(あやめ)が音楽を始めたきっかけは?

AYAMEさんが最初に影響を受けたのが、お父さんだったそう。

家やカラオケで、お父さんの歌をよく聴いていたそうです。

それが本当に上手く、歌に興味を持ち始められたんだとか。

そして、AYAMEさんが高校生の頃はいきものがかりsuperflyの曲をよく聴いており、その頃からバンドを始められました。

バンド活動をしているうちに、

Hayley Williams(PARAMORE/Vo)(アメリカのパンクロックバンドの女性ボーカリスト)や、


JESSE(RIZE,The Bonez)(アメリカ国籍を持う日本のロックバンドのボーカリスト)

に影響を受け、自身の世界観を持つことの重要性に気づかれたそうです。

AliAのボーカルAYAMEの経歴は?ギターでソロ路上ライブも!

 

この投稿をInstagramで見る

 

AliA official(@alia___official)がシェアした投稿

AYAMEさんはもともとソロで活動をしていました。

アコースティックギターで弾き語りのスタイルでよく路上ライブをしていたそうです。

とんでもなくうまいですね。

その当時から圧倒的な歌唱力ですでにファンがたくさんついていたんだとか。

現在はボーカルを担当しているのでギターを演奏している姿を見ることはできませんが、ギターの実力もすごいですね。

AYAME(あやめ)の歌唱力・声量がすごい!カラオケや生歌も上手い!

AYAMEさんは2018年頃、自身のTwitterでカラオケで歌っている投稿をされています。

そして自宅での弾き語りの投稿も。

路上ライブの音響ではもちろんですが、カラオケや生歌もとにかく声量がすごく、圧倒的な歌唱力であることがわかります。

CDやアルバムでの加工でないことも証明されますね。

AliA加入後のAYAME

2020年、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを巡るワールドツアー“AliAliVe2020 Around the World -Re:AliVe-“

AYAMEさんは元々、型にハマらずに自由に歌いたいという気持ちを強く持っており、歌うたび、歌い方が違ってもいいんじゃないか。思っているそうです。

アメリカ・ヨーロッパでは、自分の好きなように楽しんでいるお客さんを見て、自分のやりたかった歌い方やパフォーマンスが何も考えず、自然と出てきたといいます。

「それが音楽だよな」と、お客さんに気づかされることが多かったそうです。

そのため、日本ではやっていなかったことをなぜか自然にできたそうです。

例えば、ロング・トーンを歌い上げたときに“ヒュー!”という歓声があると、こういうのを喜んでもらえるのであれば「もっとこうしてみよう」と、どんどん自由に歌えるようになったんだとか。

こういったお客さんからもらった気持ちを、

「日本でも変わらずにできたらまた変われるかなと思ったし、発見がすごくありましたね。」と語っております。

AYAME(あやめ)がバンドAliAに加入したきっかけや理由は?

そんなAYAMEさんのことをリーダーのERENさんと、キーボードのTKTさんが共通の知り合いを通じて見つけ、わざわざ千葉まで路上ライブを見にいたそうです。

その頃お金がなかったERENさんはTKTさんに誘われた時に

「AYAMEを映像で観て確かにうまいと思ったけど、なんで財布に2000円しかないのに千葉まで行かなきゃなんねえんだよ」

と渋々了承をしたそうですが、AYAMEさんのライブを見て

手のひら返しで「この子しかいない!」となったみたいです。

AYAMEさんが歌った曲をバンドアレンジにした音源を、ERENさんがその翌日に送ったそうです。

AYAMEさんもバンドをやりたいとずっと思っていたので、音源を聴いてすぐ入ることを決められました。

どの路上ライブを見に行ったのかは不明ですが、グループ結成とAYAMEさんの加入時期的に2018年4月30日に千葉県船橋駅前で行われていたライブだったんじゃないかと予想できます。

AliAの楽曲の作詞は誰?AYAME(あやめ)も作詞担当?

 

この投稿をInstagramで見る

 

AliA official(@alia___official)がシェアした投稿

AliAの作詞はボーカルのAYAMEさんと、キーボードのTKTさんです。

ですが2人の作り方は全く違うそうです。

TKTさんは先に、作曲を担当しているERENさんにもらったイメージからトラック作っていています。

そのイメージを想像して、歩いている時に閃く事が多いんだとか。

一方AYAMEさんは、

「こういう気持ちで歌うとやりやすい!」とERENさんに伝え、ERENさんなりにそれを解釈してできたトラックを元に歌詞を書いていくそうです。

AYAMEさんは歌詞がスラスラ出てくるというよりは、凄く納得行かない事や、発散する事が難しい事が出てきた時に歌詞が浮かんで来やすいそうです。

そういったモヤモヤやムカムカのイメージをERENさんに伝えるみたいですよ。

こういった2人の全く違った歌詞の導き方により、中身も真逆な感じになるので、歌詞を読んで、

「どっちが書いてるかを当ててほしい。」

という面白さを見出してほしいと語っておりました。

これまで書いたAliAの楽曲の中で、AYAMEさんが覚悟を決めた一曲があるそうです。

それは2019年2月20日にリリースされたデビューミニアルバム「AliVe」の収録曲である「impulse」

AYAMEさんが作詞を担当しており、

「好きなものは好きだと胸を張って言える自分になりたい。そんな自分との闘い、AliAのボーカルとして生きていく覚悟を書いた楽曲」

なんだそうです。

関連記事:AliA(アリア)バンドメンバーWikiプロフィール|経歴や年齢や本名は?結成秘話