Billie Eilish

ビリーアイリッシュは怖い?かわいい?実はめっちゃ笑う子だった!

10代という若さで着々とファンを獲得し続けている、ビリーアイリッシュ(びりーあいりっしゅ)。

ビリーアイリッシュは自分から「可愛い」を表に出そうとしません。

そのためかどちらかというと、「怖い」とか「かっこいい」とか、そういう印象を見ている方は持ちやすいと思います。

それに、ビリーアイリッシュが作る作品の中では「怖い」や「かっこいい」の傾向が強いように感じます。

ですが、たびたび「なんや、素顔はかわいいやん!」ってなるところがめっちゃあります。

今回は、 ビリーアイリッシュの

  • 怖いと思われる理由
  • 笑顔を見せない理由
  • かわいい素顔のところ
  • ジャスティンビーバーとの対面で見せた可愛いところ

について、ご紹介したいと思います。

ビリーアイリッシュが怖いと思われる理由


おそらくですが、この黒い涙を流しているビリーアイリッシュの動画が「怖い」という印象を多くの人に持たせたのではないかと思います。

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿

私は純粋に「めっちゃ怖!!」って思ってしまいました。

この動画は『When The Party’s Over』という曲のMVです。

このMVの黒い涙のアイデアはファンからもらったとある1枚の絵がきっかけだそうです。

その絵がこちら。

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿


どうやってこの黒い涙を流しているのかというと、後頭部から目頭まで伸びた管を顔につけてそこに黒い液体を流しているそうです。

管は編集で消してしまっているかんじですね。

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿


1枚の絵をここまで映像作品に落とし込むのは、ビリーアイリッシュの世界観とその周りのスタッフの努力のおかげですね!

それにしても、インパクトが強い。

 

ビリーアイリッシュの世界観が怖い?

『When The Party’s Over』のMVの怖さが一際目立つのですが、ビリーアイリッシュの作品は全体的に暗いです。

もちろん暗い曲ばかりではないのですが、ビリーアイリッシュがもつ世界観にダークさがマッチしやすいというのもあるのかもしれません。

例えば、2019年3月29日に発表された『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』に収録された『bury a friend』


私はホラー系が苦手で、このMVを見たとき「こえぇ~」ってなりました。

どんなところが怖いと感じたかというと、

例えば、白目がなく黒目だけのビリーアイリッシュ

とか、逆に黒目がなく白目のビリーアイリッシュ

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿

とか、注射器をたくさん刺されるビリーアイリッシュ


とか、たくさんの手をがビリーアイリッシュの顔や体を痛めつける

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿


とか。

MVだけを見ているとホラー要素が強くて、怖くないですか?

ちなみになのですが、

この『bury a friend』の完成時に、この曲を収録しているアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』の作品全体のイメージが頭の中に浮かんだとビリーは言っています。

要するに、このアルバムに収録されている曲の世界観は全体的に暗いということ。

2019年の4月以降でビリーアイリッシュのことが気になった方は、比較的ダークを感じさせる曲で知った可能性があります。

つまり、怖いMVとか曲調とかを先に見てしまったから、「ビリーアイリッシュは怖い!」という印象が強くなった可能性があると、個人的には思います。




ビリーアイリッシュは笑顔を見せない理由は?

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿

ビリーアイリッシュのインスタの画像を見ても、「笑顔」の写真は割合的に少なめかなと思います。

目を見ても、なんかダルそうというか、眠たそうというか。

半目かつ白目の下部分が見えているのが、そう思わせるのかもしれませんね。

「笑顔」に関しては、インタビューで次のようにビリーアイリッシュは言っています。

「笑顔が大嫌い」と話したことのあるビリー。
「力を奪われたような、弱い気持ちになるから。昔から写真でも笑わないわ。Instagramを見れば分かるけど、いつも真顔だから」とのこと。

「EPのタイトルが『dont smile at me』なのは、たくさん理由があるんだ。ひとつは『ほら、笑って。どうして笑わないの? 笑ったほうがもっともっと素敵なのに』って言われるから。 みんな、『スマイル』を教え込まれる」。ここでビリーは言い直す。「女の子はみんな、ってことだけどね。『ハッピーでなきゃ駄目よ。私は楽しいって顔してなくちゃ!』。私は、自分以外の誰かに(笑顔を)見せかける気はないからね。見せたいのは本当の私自身」

出典元:SSENSE

「笑顔」というのは自分に対して向けるものというスタンスはかっこいいですね!

他人に「作り笑顔」を見せる気はないというところも、我が道を貫くというかんじで個人的に好きです。

で、私はここで思いました。

じゃあ逆に言えば、笑っているときは「心の底から」笑っているということだと言えるのでは?

それでは、次はビリーアイリッシュの笑顔にフォーカスしてみていきましょう!

 

ビリーアイリッシュはめっちゃ笑う!

ビリーアイリッシュの笑い方が癖になる

ビリーアイリッシュの才能を認めた歌手の1人である、ショーンメンデスのつぶやきを見たビリーアイリッシュ。

めっちゃ笑ってますよね(笑)

しかも、こっちもつられて一緒に笑ってしまうような、豪快な笑い方という。

どうやら、ショーンメンデスが送ったメールを既読無視してしまったそうです。

ビリーアイリッシュの笑顔

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿


インスタにも笑顔を載せない言っていたビリーアイリッシュですが、よーくインスタをチェックすると、ちらほら笑顔の画像や動画があるじゃないですか!

全てが全て怖いかんじではなく、普通にかわいい女の子な一面も持っているということですね。

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿


まぁ、中指立ててますが(笑)

人と話すときは笑顔のビリーアイリッシュ


人と話すかんじは自然体になれるのか、笑顔がめっちゃ見れます。

写真とかMVなどの作品は、世界観を崩さないためにわざと笑っていないというのもありそうですね。

ただ、「笑わない」でかっこよく見せているをデフォルトにしていると、いざ笑顔になったとき余計に可愛く見えてしまうことはないですか?

次は、ビリーアイリッシュのかわいいところを集めてみました。

 

ビリーアイリッシュ×ジャスティンビーバーがかわいい!


ジャスティンビーバーの大ファンだと公言しているビリーアイリッシュ。なんと、2019年4月15日の「コーチェラ・フェスティバル2019」のライブ会場で、ジャスティンビーバーに会うことができたのです。

どうやら、アリアナ・グランデのライブの会場で偶然かどうか分かりませんが、念願の初対面を果たしたそうです。

ジャスティンビーバーと目が合った瞬間、恥ずかしそうにするところを見ると、本当にジャスティンビーバーのファンなんだと分かります。

上のビリーアイリッシュ×ジャスティンビーバーの動画を見て、

「えっ!照れてれのビリーアイリッシュ、かわいいやん!」

ってなったのは、私だけじゃないはず。




ビリーアイリッシュのかわいいところ

ビリーアイリッシュのかわいい画像

 

View this post on Instagram

 

BILLIE EILISHさん(@billieeilish)がシェアした投稿

このビリーアイリッシュのインスタの写真、個人的に一番かわいいかなと思います。

ビリーアイリッシュの斜め横からのアングル、なかなかいいですね!

透明感があって、めっちゃ好きです。

ビリーアイリッシュは昔の方がかわいい?

 

2017年と2018年のインタビューを比較したものです。

質問内容はどちらも同じですが、なんとなく2017年の方が笑顔が多くかわいい印象があります。

2018年のビリーアイリッシュは、なんとなくですが、アーティストとしての自分を見せているかんじがします。

つまり、2018年の方が本来のビリーアイリッシュではないでしょうか?

ただ、精神的にも変化が大きい10代ですので、2017年と2018年のどちらが本来のビリーアイリッシュかどうかなんてことは考えるだけ無駄かもしれませんね。

小さいファンを目の前にしたビリーアイリッシュがかわいい!

 

黄色い服を着て、ピンクのヘッドフォンをした女の子。

5歳くらいでしょうか。

ビリーアイリッシュのライブで舞台に上がった小さなファンを、ビリーアイリッシュが

ぎゅっと抱きしめます。

幼い女の子ももちろんかわいいのですが、小さい子を愛でるかんじのビリーアイリッシュもまた可愛いですよね~。




ビリーアイリッシュ怖い・かわいいまとめ

  • 『bury a friend』のMVでビリーアイリッシュが怖い印象をもちやすい
  • インスタなどで笑顔を見せないと自分で言ってる
  • でも、実はめっちゃ笑う子
  • つられて笑ってしまう笑い方
  • ジャスティンビーバーを前にすると普通の女の子になる
  • 人気になるにつれ、わざと笑顔を少なくしているかも
  • 小さい子を前にすると、さすがに素のかわいい部分が出てしまう

 

アーティストは特徴的な部分だったり、売りにしている部分が目立ってしまいます。

ビリーアイリッシュの場合は「怖さ」や「暗い」部分にフォーカスされがちです。

私もダークな部分にフォーカスしてしまっていた一人です。

でも、実はめっちゃ笑顔を見せてくれる女の子でした。

私はますますビリーアイリッシュのことが気になってしまいました!