お笑い芸人ネタ

EXIT芸人兼近大樹=ペロペロハウス馬場=リアラブ又吉?ヤバいシーン暴露

EXIT兼近大樹は馬場俊樹として手を使うカラオケにも出演していた

2016年に馬場ちゃんとして出演

「徳井義実のチャックおろさせて~や」内の人気企画の1つに、すごく大人なカラオケがあります。

2016年ですから、2年ぶりに出演になりますね。

このときも馬場ちゃんとしての出演です。

馬場ちゃん(兼近大樹)カラオケで100万円達成ならず・・・

河村隆一さんの「Love is…」で90点以上を出して、100万円獲得に挑みました。

結果は73点

最後は「7×7=8」持ちネタの苦手な掛け算で終わらせてくれました(笑)

こういうところが芸人さんらしいですよね!




「EXIT」兼近大樹=「ぷりずん」兼近大樹

お笑いコンビ「ぷりずん」とは?

2013年~2017年までは、逢見亮太(おうみりょうた)さんと「ぷりずん」というお笑いコンビを組んで活動されていました。(上の画像の右が逢見さん)

相方の逢見亮太さんなかなかイケメンなんですよね。

ただ、相方の逢見亮太さんの不祥事で解散していまうことに(EXITではそういうことになっている)。

解散の原因については兼近大樹さんも逢見亮太さんもお話されていません。

水曜日のダウンタウンに出演した兼近大樹


「水曜日のダウンタウン」の「サンシャイン池崎超えの実家貧乏はいるのか?」ということで、貧乏エピソードを語る1人として出演されていました。

兼近さんの話によると、お父さんの会社が倒産してしまったことが原因で貧乏になったようです。

お父さんからチップスターの空箱を渡され、「これにクワガタを詰めてこい」と言われ、兄弟で山にクワガタを取りにいったと言います。

その取ってきたクワガタをお父さんが1匹50円で売って生活していた時期もあるそうです。

草や虫を食べるというよくある貧乏エピソードとは違う、別次元の衝撃を受けましたね。


視聴者の方にも、ペロペロハウスの馬場ちゃんだと気づかれていました(笑)

おまけ:EXIT兼近大樹がミストマンとして目撃される

兼近大樹さんですが、2015年にお台場でミストマンをやられているところを目撃されています。(上の写真の黄色いショートパンツの人)

2015年であと、兼近さんの横に逢見さんがおられるので、ちょど「ぷりずん」時代ですね。

ペロペロハウスの馬場ちゃん=EXIT兼近大樹。

ペロペロハウスの馬場ちゃんと気づく人は気づくんですね。素直にすごい。

ミストマンというのは、霧状の水を撒いて地面や空気を冷やすお仕事で、暑い夏の味方ともいえる人です。

1 2 3 4 5