スポーツネタ

木島萌香のプロフィール|経歴や出身中学や高校・大学はどこ?かわいい画像も!

2020年東京オリンピック、スポーツクライミングの代表に選ばれた現役女子大生がいた!

その選手の名前は木島萌香(きじまもえか)さん(20)。

果たして木島萌香選手はどんな選手なのか?

木島萌香選手のプロフィールは?経歴や出身中学や高校は?大学は?

木島萌香選手を探ってみました。

木島萌香のプロフィール|出身地や身長や体重は?

木島萌香のプロフィール

【名前】木島 萌香(きじま もえか)
【生年月日】1999年9月2日
【身長・体重】167cm・51kg
【出身地】石川県白山市森島町
【競技】アーティスティックスイミング
【長所】物事をシンプルに考えられること
【短所】マイペースなところ

日本人女性の平均身長は世界基準と比べると小柄な158cmと言われています。

そんな中、木島萌香選手は身長は167cmと高身長。

世界と戦っていく中で体格で見劣りしないように、マーメイドジャパンの選手には身長165cm以上と言う基準があります。

木島萌香選手は167cmと、基準の身長をクリアしていますので、体格の面でもマーメイドジャパンをアシストしています。




木島萌香の学歴|小学校・中学校・高校・大学はどこ?

出典元:NHK

木島萌香選手は白山市立北辰中学校という公立中学校を卒業しています。

卒業した小学校の情報は残念ながら見つかりませんでした。

木島萌香選手は公立中学校を卒業しているので、おそらく公立小学校を卒業していると思われます。

北辰中学校の校区を調べると、校区内には白山市立広陽小学校白山市立明光小学校という公立小学校がありました。

木島萌香選手は白山市森島町の出身なので、森島町に近い白山市立明光小学校を卒業している可能性の方が高いと思われます。

白山市立北辰中学校を卒業後、高校は金沢高等学校という私立高校へ進学します。

金沢高等学校卒業後は、2017年に近畿大学法学部に進学し、2020年3月現在も在学中です。




木島萌香の経歴や実績は?

木島萌香選手は2020年1月のインタビューで競技歴を13年と答えていることから、7歳の小学校1年生頃から水泳を始めたと思われます。

水泳を始めたきっかけはテレビで見て人魚になりたかったと答えています。

木島萌香選手は小学生から高校まで金沢スイミングクラブ小立野という水泳教室に通い、石川県内で開催される大会に出場していました。

石川県水泳協会に残っている記録を調べてみると、最初に木島萌香選手の名前が出てくるのは2012年・中学校1年生のときです。

6月に大阪で開催された、関西選手権水泳競技大会シンクロナイズドスイミングの部のシニアの部にて、フィギュア・チームの2種目で出場していましたが、まだ上位に入るような成績は残していませんでした。

しかし同年7月に開催された石川県選手権水泳競技大会ではルーティン競技のチームにて優勝しています。

中学2年生の時にはデュエットで全国大会にも出場しています。

中学校3年生で出場した日本チャレンジカップではフリールーティーンで決勝まで進出しましたが、競技結果は9位に終わりました。

高校進学後も石川県内で開催されるシンクロナイズドスイミングの大会を中心に出場していました。

2015年高校1年生のときには全国ジュニアオリンピックカップでは石川県代表として出場し、8位に入ります。

2017年高校3年生のときにはウズベキスタンで行われたアジアエージグループ選手権に日本代表とした出場し、ハイライトルーティンとチームで優勝しました。

また同年には石川県内で開催された岩井康子杯という大会で、第2回優秀選手賞を受賞しています。

出典元:Twitter

しかし木島萌香選手は水泳を続けるのは高校3年生までと考えていたようですが、後述する井村雅代さんとの出会いが全てを変えます。

大学は近畿大学へ進学し、井村アーティスティックスイミングに所属します。

2018年に出場した日本選手権ではテクニカルの部門で3位に入り、ソロの部門では4位に入ります。

同大会ではデュエットでは3位になりました。

同年8月に開催されたアーティスティックスイミング・アジア競技大会ではマーメイドジャパンの一員として、チームテクニカルに出場し、日本の現メダル獲得に貢献しました

2019年9月に開催されたマーメイドカップでは、ソロ競技に出場し4位に入りました。

また同年には2020年東京オリンピックのスポーツクライミング代表にも選ばれました。




木島萌香のアーティスティックスイミングの役割は?

出典元:懸け橋ノート

木島萌香選手のアーティスティックスイミングの役割は、特にこれといったポジション的なものはありません。

しかし他のメンバーと寸分狂わない演技をすることが一番の役割といえます。

水中での演技に加え、ポジションチェンジといった、他のメンバーとの阿吽の呼吸によって、あの素晴らしい演技を実現させているのでしょう。

木島萌香のシンクロの演技の特徴は?動画アリ

木島萌香選手の演技の特徴は演技中に見せる愛くるしい笑顔ではないでしょうか。

演技中の技術はこれからどんどん向上していくと思われますが、その演技力に加わるのがあの笑顔。

他の選手には無い武器を木島萌香選手は持っています。




木島萌香の所属チームやコーチは誰?

出典元:JOC

木島萌香選手の現在の所属チームは井村アーティスティックスイミングです。

ここで指導をされているコーチはもちろん井村雅代さんです。

前述の通り、木島萌香選手は水泳は高校までで辞めてしまうつもりでした。

高校3年生のときに井村雅代さんと出会って、水泳を続けていくことを決心します。

井村雅代コーチはアーティスティックスイミング強化の目的に、身長170cm前後の若手選手を探して全国を視察していました。

そんな時に井村雅代コーチは木島萌香選手を見つけたのです。

井村雅代コーチは木島萌香選手を「ダイヤの原石」と称してスカウトします。

このスカウトによって井村アーティスティックスイミングへ所属することを決めます。

また井村アーティスティックスイミングは大阪にあることから、通い易く、マーメイドジャパンのメンバーも在学する近畿大学への進学を決めたと思われます。

木島萌香選手は井村雅代コーチに惚れられて、アーティスティックスイミング選手人生が変わりました。

井村雅代コーチの指導を受けながら、どんどん成長していって欲しいです。




木島萌香のかわいい画像

かわいい画像

出典元:gooブログ

一緒に写っているぬいぐるみ以上に愛くるしい笑顔がかわいいです。

ナチュラルメイクの画像

出典元:テレビ朝日

ほぼすっぴんに近いナチュラルメイクですが、お化粧が無くても十分かわいいですね。

競技メイクの画像

出典元:毎日新聞

1段目左端が木島萌香選手です。

気合が伝わってきます。

競技中の画像

出典元:OLYMPIC CHANNEL

この写真でもピタッと揃った美しい演技に期待したいです。