アイドルネタ

高地優吾は昔よりイケメンになった?SixTONESのメンバーに選ばれた理由は?

SixTONES(ストーンズ)の最年長メンバー、高地優吾(こうちゆうご)さん。

年は一番上ですが、ジャニーズ事務所に入所したのはグループの中で遅く一番後輩なのだとか!

そんな高地優吾さんは、昔よりイケメンになったと言われています!

どのように変化したのか気になりますね。

また、なぜSixTONESのメンバーに選ばれたのかも合わせて紹介していきます!

高地優吾の昔よりイケメン?現在と比較

高地優吾の入所時

高地優吾さんは、バラエティー番組「スクール革命」の「3年J組!新入生オーディション」に合格したことでジャニーズ事務所に入所しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☺︎☻ゆーちゃん☻☺︎(@yukoyugo0308)がシェアした投稿

当時はまだ中学3年生の15歳で、あどけなさが残る普通の少年のようですね。

それもそのはず!

高地優吾さんは自ら応募したのではなく、同級生が応募し、芸能界やジャニーズに興味があったわけではありませんでした。

ですが、1300人を超える応募者の中から1人選ばれたということは、なにか他の応募者とは違う輝きがあったのかもしれません。

B.I.Shadow・NYC boys

高地優吾さんは入所してすぐに、「中山優馬w/B.I.Shadow」のメンバーに選ばれました。

主典元:NAVERまとめ

メンバーは中山優馬さん、Sexy Zoneの中島健人さん、菊池風磨さん、そしてSixTONESの松村北斗さん、高地優吾さんです。

入所してすぐにこのメンバーに選ばれるなんて・・・

そして、同時に「NYC boys」のメンバーにも選ばれました。

主典元:NAVERまとめ

中山優馬w/B.I.ShadowにHey!Say!JUMPの山田涼介さんと知念侑李さんを加えたグループです。

B.I.ShadowはboysとしてNYCのバックダンサーを務めていました。

こちらもすごいメンツですね・・・

入所してすぐということもあり、まだ普通の男の子感がありますね。

SixTONES(現在)

B.I.Shadowとして活動していましたが、中島健人さんと菊池風磨さんがSexy Zoneとしてデビューすることとなり、実質解散になってしまいました。

その後、ドラマ「私立バカレア高校」に出演したメンバーが、現在のSixTONESです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

E(@__j__x__e__)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

じゅっ担(@sixtones______)がシェアした投稿

入所して3年ほど経った高地優吾さんは、少しずつアイドルらしくなっているようです。

SixTONESを結成してからの高地優吾さんは、20歳を超えたこともあり、かっこよくなったのではないでしょうか!

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yugo.yugo.ko_chi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@yugo.yugo.ko_chi)がシェアした投稿

顔のパーツなどは変わっていませんが、ふっくらしていた頬が入所当時に比べてシャープになっていたり、髪型をオシャレにすることでイケメンになったように見えます。

また、表情の作り方が上手くなっていますね!

そこも、イケメンと言われる理由かもしれません。

入所当時から比べるとかなりイケメンになっていますね!

高地優吾がメンバーに選ばれた理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SixTONES(@sixtones_official)がシェアした投稿

SixTONESはドラマ「私立バカレア高校」に現在の6人が出演したことが原点になっています。

ではなぜ高地優吾さんが選ばれたのでしょうか?

ドラマのキャストを決める際、松村北斗さんが選ばれ、ジャニーさんが「松村と高地は、相性がいいから」と高地優吾さんも選出されました。

選ばれたメンバーは、入所してからすぐにテレビに出演したり、グループに選ばれたりしている人気メンバーばかりで個性の強い6人が集まったのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SixTONES(@sixtones_official)がシェアした投稿

その中で高地優吾さんは、ジャニーさんに「いるだけでいい」と言われたそうです。

よく大人の人が、高地がこのグループのキーマンだって言うんです。

みんなの色味を調節、調和してくれる存在。(田中樹)

主典元:女性自身 2690号

個性の強いメンバーが多いため、高地優吾さんがグループを中和させる存在になっています。

ジャニーさんは、将来の姿が見えると言われていたので、高地優吾さんの未来も見えていて、メンバーに選んだのかもしれませんね。

高地優吾は昔よりダンスが上手くなった

高地優吾さんの入所当時、ダンスが全く踊れませんでした。


B.I.Shadowの「ララリラ」 を踊っているのですが、高地優吾さんだけまだ余裕がないように見えます。

ダンスに集中すると口からマイクが離れるし、歌に集中すると手が気を付けの状態になっています・・・

他の3人と比べてもかなりダンスが劣っていますが、経験もないので仕方ないでしょう。

 

それから高地優吾さんは必死でダンスを練習し、今ではSixTONESのダンスも他のメンバーに劣らないぐらい上達しています。

SixTONESはダンスが得意なメンバーが多く、難しい踊りも多いですが、昔の高地優吾さんと違って楽しんで踊れているように見えますね!


ここまで成長するには、かなり練習したのではないでしょうか。

高地優吾さんの努力の賜物ですね!

高地優吾は昔よりパフォーマンスの幅が広くなった

ベース

高地優吾さんは、新たな自分になるために2015年頃からベースを弾いています。

2015年自分に期待すること

新しい自分を見せるために、完ペキな特技をひとつ手に入れる。何にしようかな~。ベースはまえから練習してるんだけど、教えてくれてた友達が就職して忙しくなっちゃって(笑)。まえに八乙女(光)くんに、「教えてくださいよ」って言ったんだけど、八乙女くんも忙しいからね。ある程度弾けるようになってから上達した姿を見せる、それを目標にがんばろうかなと。

主典元:WiNK UP 2015年2月号

高地優吾さんは、楽器が弾けるメンバーと「バンドみたいな形式で披露できたらいいな」と話していました。

その後、2016年にSixTONESで出演した舞台「ジャニーズ銀座2016」で、オリジナル曲「この星のHIKARI」をバンド演奏を披露し実現しました。

また2017年にも、菊池風磨のソロコンサート「Summer Paradise 2017『風 is I?』」でバンド形式でKAT-TUNの「喜びの歌」を披露しました。


今後、SixTONESのコンサートで、高地優吾さんのベースが披露されることがあるかもしれませんね!

ヒューマンビートボックス(ボイパ)

高地優吾さんは、独学でヒューマンビートボックスを勉強して練習し、特技になるまでになっています。

コンサートでもボイパを披露しています。

グループの中でもボイパができるのは高地優吾さんだけで、1つの武器になっています。

ボイパの得意なKAT-TUNの中丸雄一さんにもレクチャーしてもらい、できる技もどんどん増えているようです。

高地優吾は昔より歌が上手くなった

高地優吾さんは入所当時より、歌が上手くなりました。

下手だったというより、歌に関して素人だった高地優吾さんに全くと言っていいほど歌割パートがなく、ソロで歌うことがなかったのです。

ですが、SixTONESに加入してから、高地優吾さんの歌割パートが徐々に増えてきました。

何もできないままではいけないと、ダンスと同じくかなり努力したようです。


コンサートでも高地優吾さんのソロ曲(嵐の相葉雅紀の曲)を披露しています。


入所当時は歌割パートを貰えなかった高地優吾さんですが、今後さらに増えることが期待されます!

高地優吾の昔からの魅力

高地優吾さんの魅力と言えば「笑顔」です。


ジャニーズ事務所に入って、高地優吾さんにファンができ、その人たちが自分を見て笑顔になるところから、「人に夢を与える仕事だ」と思ったそうです。

その時から笑顔を大切にしていて、グループの中でもいつも笑顔でパフォーマンスしたり、ファンを喜ばせたり、高地優吾さんの笑顔が場を和ませています。

高地優吾さん自身もチャームポイントは「笑顔」だと言っていて、ファンに喜んでもらうためにも自分自身が楽しんで笑おうと思っています。

誰よりも笑顔を絶やさず、高地優吾さんの最大の魅力と言えるでしょう!



まとめ

  • 高地優吾は入所当時、普通の男の子だった
  • 高地優吾は昔よりイケメンになった
  • 高地優吾は入所してすぐB.I.Shadowのメンバーに選ばれた
  • 他にもNYC boysとしても活動していた
  • 高地優吾がSixTONESのメンバーに選ばれた理由は調和させる存在のため
  • ジャニーさんから「いるだけでいい」存在と言われていた
  • 高地優吾は昔よりダンスがかなり上手くなった
  • 高地優吾はベースが弾けるようになった
  • 高地優吾はボイパが得意になった
  • 高地優吾は歌割パートが増え、歌も上手くなった
  • 高地優吾の最大の魅力は「笑顔」

 

高地優吾さんは昔よりイケメンになり、魅力がたっぷりの男性になっていますね!

SixTONESの中でも唯一無二の存在で、メンバーやファンの癒しになり、ワイルドな中に優しさを兼ね備えるグループなのは高地優吾さんがいるからかもしれません。

今後更にかっこよくなっていくのが楽しみですね!