スポーツネタ

乙黒拓斗の筋肉・腹筋が凄い!コーチは誰?私服やスタイルがよくてイケメン!

レスリング男子フリースタイル65キロ級の乙黒拓斗(おとぐろたくと)選手の「筋肉がすごい!」「腹筋がすごい!」と話題になっています。

今回は「平成の怪物」と呼ばれている乙黒拓斗選手の

  • 筋肉
  • 筋トレのこだわり
  • イケメンな一面

についてまとめてみました。

乙黒拓斗の筋肉が凄い!腹筋もかっこいい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

乙黒拓斗選手がこんなにも筋肉がつきはじめたのは、高校の3年の夏に怪我をしマットから約1年も遠ざかったからだそうです。

筋肉についての知識をさらに深め、徹底的な筋トレと食事改善を行うことにより怪我を克服されました。

そのような努力が身を結び、筋肉・強さに急激な飛躍をもたらしました。

鍛え抜かれた肉体をSNSにアップされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

見事に8つに割れた芸術的な腹筋ですね。

どうやらご本人は10パックを目指しているみたいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

倉本一真 Kazuma Kuramoto(@kazumakuramoto)がシェアした投稿

ユニフォームを着た上からでも腹筋が浮き出るほど。

まさに圧巻の腹筋です。

ちなみに腹筋だけでなく、腕もかなり鍛え抜かれています。

浮き出る血管がとてもセクシーですね。

乙黒拓斗の筋トレやトレーニングエピソード

ゴールドキッズ時代

成國晶子さん 出典元 : VITUP

 

乙黒選手が、小学生時代に4年間レスリングを学んだゴールドキッズ。

年代ごとに世界チャンピオンを生み出しているゴールドキッズの指導法に迫ります。

代表の成國晶子さんはクラブをスタートされたときから大切にしていることがあるそうです。

それは全員に「レスリングノート」をつけさせることだそう。

練習したこと。その日よかった点、できなかった点、自分で見つけたヒント。試合なら、何がよくて勝てたのか、何がダメで負けたのか。どうすれば勝てるか。次までにどうなればいいか。

トレーニングメニューなどは表になっていますが、それ以外は自由に書かせるそうです。

それを全員分欠かさずチェックし

「次はこうしよう。これをやってみよう。これができるようにがんばろう」

と話し合うんだとか。

小学校低学年から自分でノートをつけ、その日の練習や試合を見つめ直し、次の課題を明確にしていく習慣をつけさせるそうです。

練習への取り組み姿勢

乙黒選手には悩みもあるそうで、彼の練習での信条は、

「一つ一つ全力でやる、キツくなってからがスタート」

というもの。

キツくないうちは準備運動と思っているらしく、練習量が半端ではないらしいです。

肉体を酷使することと、ケガは紙一重だと言われている。

トレーナーに教えてもらったウェイトトレーニングやランニングなどを全部やろうとして、レスリングの練習のときに、すでにカラダがパンパンに張っていることもあるそうです。

明らかにオーバーワークで、自覚はしているそうですがどうしてもやりすぎてしまうらしく、今でもトレーナーに止められることがあるんだそうです。

トレーニングの際に聞いている音楽

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

また最近では、乃木坂46の白石麻衣さんの大ファンである乙黒選手は、トレーニングの際に力を貰うため乃木坂46の曲を聞いているそうです。

2020年3月に卒業してしまう白石麻衣さんに、

「五輪まで待って欲しかった」

と少しショックを受けていたそうです。

乙黒拓斗はストイックで練習量がすごい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

日本男子最年少世界王者の乙黒選手は小さい頃から相当ストイックな練習を重ねていたそうです。

小学校時代

山梨県の石和南小学校時代は、山梨ジュニアレスリングクラブに所属していらっしゃいました。

練習のない日、学校から帰ってくると玄関にレスリングシューズが置かれていたそうで、すぐにそれに履き替え、準備運動から始めます。

父 正也さんは、懸垂ができるバーとロープ登りができる設備も整え、部屋の床にラダーを置いてトレーニングもさせたそうです。

練習は長いときには日付をまたいで続くこともあったんだそうです。

乙黒選手は、父 正也さんに

すべての基礎を教えてもらった。

と、語っており、構えやタックル、組み手、全般的な運動神経の向上、カラダの感覚をつかむようなことまで指導してくれましたといいます。

「こうゆう地味な練習が今に繫がった一番大きい部分だと思っているんです」

と語っています。

そして小学校5年生のときには、兄 圭祐さんとともに山梨学院大学レスリング部の練習に参加するようになったそうです。

中学校時代

 

東京都北区稲付中学校に進学すると、髙田監督の勧めもありJOCエリートアカデミーに入校されました。

JOCエリートアカデミーとは、有望な小中学生を発掘し、オリンピックなどで活躍する選手を育てるための組織のことです。

大学時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

今大会フリースタイル70キロ級代表の兄 乙黒圭祐(おとぐろけいすけ)選手によると、部内でも1、2位を争う練習量で、授業の合間にはトレーニングルームに足を運び、筋トレを欠かさないそうです。

今年は世界選手権を控えていることから、8月には多くの部員が帰省する中、夏休み返上で大学のマットで汗を流し続けられました。

大学に入ると、自由になる時間が多いですが、遊んでいる暇はないという。

「遊んでしまう人もいますが、それでは世界で戦えないし、結果も出せないと思います。」

と語る乙黒選手は、誘惑を断って練習をしたり、ケアをする時間に充てたりするのが、一流に近い選手だと思っているそうです。

乙黒拓斗のコーチは誰?

乙黒選手を五輪まで導いたコーチ人についてまとめました。

JOCエリートアカデミー時代

江藤正基コーチ

名前:江藤正基(えとうまさき)
生年月日:1954年2月26日
五輪成績:1984年ロサンゼルス五輪(57kg級)で金メダル

2016年8月に行われた高校インターハイ前のこと。

江藤コーチは、史上4人目の3連覇がかかる乙黒選手の仕上がり具合に優勝を確信していたと言います。

乙黒は敢えて3連覇を意識し、自分にプレッシャーをかけて乗り越える試練を課していたそうです。

しかしこれを過度にやりすぎたのか、精神的に追い詰められてしまい、

「何をやっているのかも、練習でも分からなくなってしまった」

と、スランプだと勘違いしてしまったそうです。

江藤コーチがその理由を聞くと

「よく練習する大学生に、自分の技がきかなくなった」

ことで悩んでいたそう。

インターハイは高校生しか出場しない為、江藤コーチは

「大学生は(適応能力が高いので)、毎日練習していたら技がかからなくなるのは当たりまえだから、それは気にしなくていい。ジュニアクラスで優勝できるのだから、周りからは『乙黒は強い』と思われている。お前は有利なんだぞ。負ける要素はない」

と乙黒選手に伝えたそうです。

「江藤コーチと話して楽になった」

という乙黒選手は見事3連覇を成し遂げました。

松永共広

出典元 : JOC

名前:松永共広(まつながともひろ)
生年月日:1980年6月27日
五輪成績:2008年北京五輪(55kg級)で銀メダル

前述した江藤コーチは55kg級、松永共広コーチは55kg級と、乙黒拓斗さんのコーチは軽量級の選手でした。

そのため、乙黒拓斗さんは65kg級でしたが、比較的守備を重視した軽量級のレスリングを学ぶことができたそうです。

山梨学院大学時代

高田裕司監督

出典元 : スポーツ報知

名前:高田裕司(たかだゆうじ)
生年月日:1954年2月17日
五輪成績:1976年モントリオール五輪(52kg級)、1984年ロサンゼルス五輪(52kg級)

これまでの日本男子の最年少世界大会優勝記録は、1974年大会を制した高田裕司さんの20歳6カ月でした。

この記録を破ったのが、乙黒拓斗選手です。(2018年10月22日、19歳10ヶ月で最年少記録)

最年少記録を破られた高田裕司監督は、

「教え子が自分の記録を破る。これ以上最高のことはないね。彼は平成の怪物」

体の柔らかさは天性のもので「天性の素質がある」と高評価をしています。

高田監督曰く、乙黒選手は何より負けず嫌いで、練習で負けると激しく壁をたたくという。

小幡邦彦コーチ

出典元 : 山梨日日新聞

名前:小幡邦彦(おばたくにひこ)
生年月日:1980年10月17日
五輪成績:2004年アテネ五輪(74kg級)12位

山梨学院大学レスリング部コーチになり、試行錯誤の連続で

「選手としての自分の方が楽です」

と語っています。

2019年12月に行われた東京五輪代表選考会兼全日本選手権で、小学生の頃から乙黒選手を知る小幡邦彦コーチは

「決勝は完璧な試合。五輪でメダルを取れる実力はある。コンディションが合えば金も取れる」

と興奮を隠せぬコメントを残しています。

2019年6月に行われた全日本選抜選手権では、決勝で樋口選手にテクニカルフォール負けをした乙黒選手はシニアの公式戦での(途中棄権などを除き)初の黒星でした。

敗戦で沈む乙黒選手に、小幡邦彦コーチはメールで

「目標は五輪で優勝することだろ。まだ次がある。こっちも最大限サポートするから」

とその日のうちに連絡をされたそうです。

すると「次は絶対に勝ちます」と返信があったそうです。

通常、試合翌日は休養日となりますが、乙黒選手はいきなり約4時間の練習を行われました。

「2人で技術の確認もやってきました」

と語る小幡コーチは、東京五輪代表選考会兼全日本選手権で勝利後、涙を流す弟子に

「強気に見えてもまだ20歳。気持ち的にも追い込まれていたんだな」

と思いやりのコメントを残されています。

乙黒拓斗はスタイルがよくてイケメン!私服画像も!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

乙黒選手のイケメン写真や、私服の写真を集めました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Otoguro Takuto 乙黒拓斗(@01096taku)がシェアした投稿

「寝癖王子」

とも言われている乙黒選手は、優しそうなお顔立ちと、ナチュラルな髪型でとても柔らかく甘いルックスをお持ちです。

私服もオシャレですね。

そのルックスからレスリングの試合になると「平成の怪物」に変化するギャップは女性にはたまりませんね。

乙黒兄弟のお父さんやお母さんはレスリング経験者?

乙黒拓斗の家族|父や兄はイケメンで母は美人?彼女は誰で乃木坂好き?乙黒拓斗(おとぐろ たくと)さんはレスリングフリースタイルの選手で、2019年12月に東京五輪代表が決まりました。 さらに2020...