スポーツネタ

杉原愛子の筋肉・腹筋が凄い!持病で座薬?コーチは誰で体操教室や所属はどこ?

体操で活躍が期待される女子選手は筋肉が凄い!?

そのような噂があるのは杉原愛子(すぎはら あいこ)さんです。

大活躍中ですが、持病の痛み止めに座薬を使っているという噂があります。

また現在のコーチや練習している場所はどこなのでしょうか。

杉原愛子さんの気になるところを探ってみました。

杉原愛子の筋肉・腹筋が凄い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

AikoSugihara杉原愛子(@aiko_sugihara)がシェアした投稿


杉原愛子さんは筋肉が凄いと話題です。

大学時代から肉体改造に取り組んでおり、演技の質により磨きがかかっています。

特に意識しながら使っている筋肉の成長も実感しているそうです。

杉原愛子さんが意識している筋肉は太ももの筋肉・ハムストリングス。

そしてお尻(臀部)の部分全体の大きな筋肉である臀筋(でんきん)だそうです。

出典元:産経ニュース

このハムストリングスと臀筋以外に凄いと話題なのが杉原愛子さんの腹筋です。

画像から分かるように、腹筋が割れているのが分かります。

友達からも板チョコみたいと言われるような、6パックに割れた腹筋の持ち主です

このように割れた腹筋が浮かび上がるには、余計な脂肪があってはなりません。

気になる杉原愛子さんの体脂肪率ですが、何と6%だそうです。

男性アスリート並みの体脂肪率の数値です。

おそらくこの肉体を維持するために、体操のトレーニングだけでは足りません。

この肉体を作り上げるにはどのようなトレーニングをしているのでしょうか。




杉原愛子のトレーニング動画

一般的にトレーニングというと、バーベルのような負荷をかけるものを連想します。

しかし杉原愛子さんが行っているトレーニングはそのようなものではありません。

どうやらトレーニングマシンや器具を使用しないトレーニングのようです。

自身の体重や筋力を最大限に利用することで、筋肉を鍛えるような筋力トレーニングのようです。

平均台の上で逆立ちをしたり、チューブを引っ張って腕の力鍛えたりするようなトレーニングを行っています。

またトレーニングマシンを使わないトレーニングを行うのには理由があるそうです。

体操の演技に不必要な筋肉が付きすぎると、今度は体が重くなってしまいます。

また体が硬くなってしまい、柔軟性を損なう可能性があるためです。

柔軟性やバランス感覚も維持しつつも、より迫力のある演技をするために筋肉トレーニングを続けています。

さらに杉原愛子さんはプールもトレーニングに加えています。

平泳ぎが出来ないことろは可愛らしくみえますね。




杉原愛子は腰を怪我?腰痛で座薬?

杉原愛子さんは2018年頃から腰痛に悩まされています。

大きな怪我をした訳ではありませんが、競技の関係上腰に大きな負担がかかるようです。

腰痛のため、大会の出場を回避することもありました。

しかし杉原愛子さんは欠場することに納得はしていませんでした。

2018年10月に開催された世界選手主権では、痛み止めを飲みながら出場しました。

通常使用している痛み止めに加え、座薬も使用したそうです。

それでも歩くだけも痛いという状態であっても、全4種目をやり通しました。

このように一見無茶をするからには、確かな理由がありました。

やらへんかったら外される。自分から出る可能性をあきらめたらゼロになってしまうので、やりきりました。

出典元:日刊スポーツ

このようにインタビューで語ったように、痛みに耐えながらでも常に挑戦する姿勢を持っています。

この腰痛は完治したという情報はありません。

普段からマッサージなどのケアをしながら、体操を続けていると思われます




杉原愛子の幼少期・小中学生・高校時代の体操教室はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

AikoSugihara杉原愛子(@aiko_sugihara)がシェアした投稿

杉原愛子さんはお姉さんが体操をしていたことがきっかけで、4歳から体操を始めました。

小学校4年生の時に大阪府泉大津市にある羽衣体操クラブに入団して本格的に体操に取り組み始めます。

2012年に中学校は羽衣学園中学校へ進学します。

中学生時代もおそらく羽衣体操クラブに所属して体操を続けていました。

中学時代から数々の大会で成績を残しました。

2013年(中学2年)

  • 第43回全国中学校体操競技選手権大会・女子個人 総合6位入賞

2014年(中学3年)

  • 第13回アジアジュニア体操競技選手権大会 団体戦優勝・個人総合2位
  • 全日本ジュニア体操競技選手権大会 個人総合優勝

 

この投稿をInstagramで見る

 

AikoSugihara杉原愛子(@aiko_sugihara)がシェアした投稿

2015年に高校は梅花高等学校へ進学します。

高校進学と共に大阪府岸和田市にある杉原ヴォラーレ体操クラブへ移籍します。

そんな中、2016年11月に東京都・藤村女子高等学校へ転校していたことが明らかになります。

転校の理由は、2015年に入部板朝日生命体操クラブの練習拠点が東京都にあったことです。

杉原愛子さんは環境を良くするために転校しましたと語っています。

より体操に打ち込める環境を探していたのかもしれません。

高校時代にはこのような成績を残しました。

2015年(高校1年)

  • 第54回NHK杯体操選手権 女子個人総合優勝
  • 第6回アジア体操競技選手権 団体総合優勝・個人総合優勝

2016年(高校2年)

  • 全日本体操個人総合選手権 3位
  • NHK杯 個人総合3位
  • リオデジャネイロオリンピック 4位

2017(高校3年)

  • 全日本体操個人総合選手権 2位
  • NHK杯 2位

2018年3月に藤村女子高等学校を卒業しています。




杉原愛子が朝日生命退部&日本女子大学を退学した理由はパワハラ?

2018年4月、杉原愛子さんは日本女子大学へ入学します。

また高校時代から継続して朝日生命体操クラブで練習を重ねていました。

しかし同年12月に朝日生命体操クラブを退部することを発表しました。

これに加えて日本女子大学を退学し、兵庫県・武庫川女子短期大学の健康・スポーツ学科へ入学することが発表されました。

この体操クラブの退部と大学退学の理由は何だったのでしょうか。

大阪府東大阪市出身の杉原愛子さんはリオデジャネイロオリンピックを経験してから

自宅から通える関西のクラブで東京オリンピックを目指したいと思ったから

と退部の理由を説明しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AikoSugihara杉原愛子(@aiko_sugihara)がシェアした投稿

また武庫川女子短期大学への入学については

体操部の環境・施設が充実していることと、ジュニア時代からの仲間がいること

以上を理由に挙げています。

現在も同大学で体操の練習を行っています。

また杉原愛子さんの体操クラブの退部にはパワハラが原因と噂されることもありました。

ちょうどこの頃に、朝日生命体操クラブの指導をしていた塚原千恵子氏のパワハラ騒動がありました。

同氏のパワハラ騒動と今回の退部についての関連を尋ねられたところ、杉原愛子さんはまったくないと否定しています。

ですので、朝日生命体操クラブの退部と日本女子大学の退学にパワハラは全く関係がありません。




杉原愛子のコーチは誰? コーチの詳しい情報

杉原愛子さんの現在の指導者は、武庫川女子体操部の監督を務める大野和邦(おおの かずくに)さんです。

大野和邦さんは1970年9月25日で、福井県の出身です。

京都府・洛南高校から日本体育大学へ進学し、日本体育大学大学院を卒業しています。

大学院卒業後は日本体育大学の体操部の監督や、全日本のコーチを務めていました。

武庫川女子大学では2015年から監督を務めています。