スポーツネタ

鈴木セルヒオの弟の鈴木リカルドはハーフでイケメン?学歴や経歴まとめ

東京五輪テコンドー男子58キロ級日本代表に選ばれた鈴木セルヒオさんには弟がいます。

弟の名前は鈴木リカルド選手です。

鈴木リカルド選手もまた2020.2.9に行われた東京五輪最終選考会で優勝し、69キロ級の日本代表選手に選ばれています。

これはテコンドー界で初となる兄弟でのオリンピック出場になるそうです。

まだまだ兄の鈴木セルヒオ選手ほど業績を積み重ねてきているわけではありませんが、その実力は未知数。

兄である鈴木セルヒオ選手にインタビューで、「体の強さやバネは適わない」と言わしめたその実力はどれ程のものなのでしょうか。

兄の鈴木セルヒオ選手のようにイケメンなのでしょうか。

出身高校や大学はどこなのでしょうか。

徹底的にリサーチしてみました。

鈴木リカルドのプロフィール

 

名前:鈴木リカルド(すずきりかるど)
生年月日:2000年4月27日
出身地:ボリビア
身長:186㎝
体重:70㎏
高校:San agustin(ボリビア)
大学:大東文化大学

実績
全日本テコンドー選手権(2019/2/17)-68kg級 2位
2019千葉ワールドグランプリ出場選手選考会(2019/6/1) -68kg級 優勝
日本テコンドー協会主催の東京五輪日本代表選手最終選考会(2020/2/9)優勝

鈴木リカルド選手は10歳からボリビアでテコンドーを始められてました。

18歳までボリビアで過ごされています。

そして、鈴木リカルド選手は大学生として、兄を追って日本に移住してきました。

まだ日本に来て数年にしか経っていませんので、表立った戦績は数える程です。

ですが、環境の整っていないボリビアから来日してわずかの期間に結果を残しています。

鈴木リカルド選手のポテンシャルと可能性が果てしないですね。




鈴木リカルドの高校はどこ?

鈴木リカルド選手は、ボリビアにあるサンアグスティン中学を経て、同じくボリビアにあるサンアグスティン高校に通われていました。

父である鈴木健二さんのTwitterによるとボリビアでは指導者も設備もまだまだ十分とは言えない状況だという事が分かっています。

ちなみにボリビアはブラジルの隣国ながら、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックの時には12名しか参加していない。2012年のロンドン・オリンピックでの参加者は5名のみ。健二さんは「ボリビアではテコンドーもうまくいっていない」と言葉を続けた。

「国からの支援もほぼないので、続けることが大変。世界選手権に出ようと思ったら実費になる。なかなかチャンスがないというのが実情です」

出典元:NumberWeb

このようにボリビアでテコンドーを続けることは環境的にかなり厳しいものだったと考えられます。

ですが、兄である鈴木セルヒオ選手は以下のように発言しています。

リカルドはポテンシャルの塊。セルヒオは「技術的な部分は自分の方がまだまだ上」と前置きしながら、「体の強さやバネは敵わない」と評した。父である健二さんも「リカルドはモンスター」と驚く。

「今大会もあとは心の問題だけで、それさえクリアーしてくれたら、代表枠をとってくれるだろうと期待していました。いまはまだガラスだけど、もうすぐダイヤモンドになる」
兄弟であるがゆえに、お互いのウィークポイントは熟知している。セルヒオはこれからリカルドとより一層強いスクラムを組むことを示唆した。

「弟は誰かがケツを叩かないとやらない子。東京オリンピックまでは俺についてこい、という感じですね」

出典元:NumberWeb

兄である鈴木セルヒオ選手にもこう言わしめるほどに鈴木リカルド選手のポテンシャルは高いようです。

そして鈴木リカルド選手は、ボリビアから日本へ来たばかりの頃から毎日一緒に練習してきたから強くなれたと明言しています。

苦境を環境のせいだと言い訳せずに、みずからのポテンシャルと才能、そして家族の協力で今の地位まで上り詰めた鈴木リカルド選手。

うん、かっこいいです!




鈴木リカルド選手の大学はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

kenji suzuki(@restkenchan)がシェアした投稿

鈴木リカルド選手は、大東文化大学の国際関係学部に所属しています。

兄である鈴木セルヒオ選手と同じ学部ですね。

ボリビアで十分な練習ができなかった鈴木リカルド選手を、兄の鈴木セルヒオ選手が引っ張ったのではないでしょうか。

もしかすると、兄の鈴木セルヒオ選手は鈴木リカルド選手の才能を同じ競技者として見抜いていたのかもしれませんね。

そして来日してからの日々を、華々しい実績と実力を兼ね備えた兄と毎日練習をして過ごすのです。

その経験値は計り知れないものでしょう。




鈴木リカルドはハーフ?出身地はどこ?

兄である鈴木セルヒオ選手は神奈川県川崎市で出生し、5歳の時にボリビアに移住しているということが判明しています。

兄であるセルヒオ選手と6歳離れている弟の鈴木リカルドさんは、生まれも育ちもボリビアです。

3枚の画像は上から父の鈴木健二さん、母の鈴木ノルマさん、鈴木リカルド選手です。

日本人の父とボリビア人の母の間に生まれたハーフという事になります。

体格は父である鈴木健二さん、顔のつくりは母である鈴木ノルマさんにやや似ているように見えますね。

目元は父の鈴木健二さんそっくりですね。




鈴木リカルドのテコンドー姿がかっこいい!

2019千葉ワールドグランプリ出場選手選考会で優勝した動画と、全日本テコンドー選手権で準優勝を納めたときの映像です。

メジャースポーツでないだけに、あまりテコンドーというもの見たことがない方もおおいとはおもいます。

一瞬の静寂から相手の動きを読み、攻撃を避け、あるいは攻撃して、相手のスキを突く攻防。

テコンドーは蹴り技の応酬で、頭部への攻撃も認められています。

1試合において2分3ラウンドの戦いとなります。

見た目以上にハードな競技かもしれませんね。

そして動画内で鈴木リカルド選手の、相手の攻撃に合わせた協力なカウンターキック

めちゃくちゃかっこいいですね!

兄の鈴木セルヒオ選手はテクニックタイプなのに対して、弟のリカルド選手はパワータイプだそうです。




鈴木リカルドはイケメン?鈴木セルヒオと比較

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sergio Suzuki Moron 鈴木セルヒオ(@suzukiboliboy11)がシェアした投稿

鈴木セルヒオ選手と鈴木リカルド選手の写真です。

画像左の鈴木セルヒオ選手は爽やかで涼し気な好青年で、少しやんちゃでそれでいて優しそうな印象ですね。

画面右の鈴木リカルド選手は体格に恵まれていて包容力がありそうな印象、そして愛嬌があって一緒にいると楽しそうな魅力があります。

あなたはどちらが好みでしょうか?

鈴木セルヒオはハーフで出身や国籍はどこ?実家や父親のレストランの場所は?テコンドー男子58キロ級でオリンピック出場の鈴木セルヒオ(すずきせるひお)選手は、テコンドー界の貴公子と呼ばれています。 鈴木セル...