ダンスネタ

武田舞香のダンスと振付けの実力は?大物のバックダンサーの過去も!

現在、AKB48グループの振り付けを手がける振付師・武田舞香(たけだまいか)さん。

以前はダンサーとしても活躍しており、過去には大物歌手のバックダンサーを務めていたこともあるのだとか!

振付師とダンサーの両面で活躍する武田舞香さんのダンスの実力やどんな曲の振り付けをしているのか、現在の武田舞香さんの姿も紹介します。

武田舞香のプロフィール

出典元:SANSPO.COM

名前:武田舞香(たけだまいか)
生年月日:1984年(誕生日は公開されていません)
出身地:東京都

幼少の頃はモダンバレエを習い、小学生の頃にジャズダンスを始めました。

そして、高校在学中の17歳のときダンサーの道へ進み、2010年頃からは振付師としての活動を開始しました。

目鼻立ちがはっきりしていて、振付師業界では美人だと有名だそうです。

出典元:exciteニュース

ダンサーというだけあってスタイル抜群ですね!

振付師という裏方の職業なので、プロフィールはあまり公開していませんが、小さい頃からいろいろな種類のダンスを習っていることからも、生粋のダンス好きということが分かります。

TwitterやInstagramなどSNSを一切しておらず、メディアにもあまり出演しないので、普段の姿はほとんど見ることができないようです。

 

武田舞香のダンスの実力

上の動画は武田舞香さんと同じくダンサーで振付師の仲宗根梨乃(なかそねりの)さんのダンス動画です。

仲宗根梨乃さんはロサンゼルスを拠点に、少女時代やSHINee、東方神起といったK-POPアイドルの振り付けをてがけている世界的に有名なダンサーです。

右側のピンクの帽子を被っている方が武田舞香さんなのですが、キレッキレなダンスです。

オリジナル(AKB48のギンガムチェック)とは全く別のものになっていて、かっこいいですね!




武田舞香が振り付けたAKB48グループの曲一覧

チャンスの順番【AKB48】

武田舞香さんは、19枚目シングル「チャンスの順番」で初めてAKB48の振り付けを担当しました。

じゃんけん大会での選抜曲なので、振り付けにじゃんけんをしているところや、ダンスの中にじゃんけんポーズを取り入れています。

また初選抜のメンバーが8人おり、フォーメーションもセンターをメインに全員が順番に映るようになっています。

アイドルらしく可愛い振り付けで、人気の高い曲です。

ジワるDAYS【AKB48】

最近では、AKB48の55枚目シングル「ジワるDAYS」の振り付けを担当しています。

指原莉乃さんの卒業曲ですが、指原莉乃さんらしいアイドルっぽい振り付けですね!

これまでに指原莉乃さんがセンターを務めた、「恋するフォーチュンクッキー」、「ハロウィン・ナイト」、「LOVE TRIP」、「#好きなんだ」の振りが随所に散りばめられています。

また指原莉乃さんの愛称「さっしー」にちなんで、「指す」振り付けが多いのも特徴的です。

出典元:OKMUSIC

他にも、指3本と指4本で「さし」を作っているところもあります。

以上のように、武田舞香さんの振り付けには、その曲のバックグラウンドを表すものを多く取り入れられており、MVをじっくり見ることで新たな発見があるかもしれません。

甘噛み姫【NMB48】

 

他にも、姉妹グループNMB48の14枚目シングル「甘噛み姫」も振り付けをしています。

この楽曲は山本彩さんがセンターを務めており、NMB48の中でも人気の高い楽曲です。

大人っぽく色っぽい曲調ですがダンスはとても激しく、ブルーのワンピースを振り乱しながら踊っています。

歌詞中にあるような、どうすることもできないもどかしい気持ちや、息苦しさを激しいダンスで表しているように思えます。

AKB48の有名な曲を担当

AKB48の楽曲の内、武田舞香さんが振り付けをした中で一番有名な曲は、42枚目シングルのカップリング曲「365日の紙飛行機」ではないでしょうか。

NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌で、アイドルっぽくない曲ですが、素朴で優しい雰囲気から年代問わず、人気の楽曲となっています。

アイドルらしさとか、かっこよさとかではなく、みんなで楽しく踊ることのできるこの振り付けを武田舞香さんが作っていたのですね!

振り付けもシンプルで、サビ部分に手話を混ぜ、誰もが踊れるようになっています。

手話を振り付けに取り入れる引き出しの多さも、武田舞香さんの魅力のひとつかもしれません。

武田舞香はAKB人気曲の振り入れアシスタントもしていた

その他にも「恋するフォーチュンクッキー」

や「ハートエレキ」

などの振り入れアシスタントとして参加しています。

振り入れアシスタントの役割は、振付師が作った振り付けを実際にアーティストにレクチャーすることです。

武田舞香さんはアシスタントとして参加した曲の、全メンバーの振り付けが頭に入っているそうです。

メンバーひとり分の振り付けを覚えるのも相当な時間や労力が必要だと思いますが、全メンバーの振り付けを記憶するとは、、、

武田舞香さんがこれらの楽曲の振り付けにおいて重要な役割を担ったことがうかがえます。

武田舞香さんはインタビューで

「AKBのダンスは、メンバーが一番かわいく見えて、手ぶりが大きく、歌詞に合わせてキャッチーであることがポイント。一般の方にも浸透しているのはうれしいですね」
~中略~
センターを務めるメンバーの個性に合わせて振りを考案するといい「総選挙は毎年見るのがつらいです」。メンバーの心情を思いやりつつ、誕生する新選抜メンバーを想定したパフォーマンスを構想している。

出典元:サンスポ SANSPO.COM

とおっしゃっており、AKBにとって武田舞香さんはなくてはならない存在だと分かりますね。

「恋するフォーチュンクッキー」の振り付けが世界で踊られるようになったのも、この楽曲の振り付けをおこなったパパイヤ鈴木さんだけではなく、武田舞香さんの力があったからかもしれません。




武田舞香は少女時代やSHINeeなど韓国グループとの関係も!

少女時代のツアーに参加していた武田舞香

出典元:RINO NAKASONE

後ろの列で右から2番目の黒の帽子を被った方が武田舞香さんです。

少女時代の2015、16年に行われたツアー「GIRLS’ GENERATION 4th Tour -Phantasia-」のソウル公演と日本公演に同行しています。

少女時代の振り付けをしている仲宗根梨乃さんのアシスタントとして、ライブに参加していました。

SHINeeのツアーに参加していた武田舞香

前列で座っている白の帽子を被った方が武田舞香さんです。

SHINeeの5回目となる日本ツアー「SHINee WORLD 2017 ~FIVE~」に同行しています。

こちらも、仲宗根梨乃さんと一緒にライブの演出アシスタント、振り付けを担当していました。

仲宗根梨乃さんと一緒に仕事することが多く、プライベートでも一緒に居るところを仲宗根梨乃さんのSNSで見るので、公私ともに仲が良いみたいですね!

 

武田舞香は安室奈美恵のバックダンサーをしていた!

そうそうたるアーティストのバックダンサー

武田舞香さんはダンサーの道に進んでから、バックダンサーとしてライブに多く参加しています。

  • 安室奈美恵
  • 加藤ミリヤ
  • BoA
  • KinKi Kids
  • 板野友美

などなど、、、

ライブ以外にもKinKi Kidsの堂本光一さんが主演する舞台「SHOCK」にダンサーとして出演していました。

また、SMAPやKinKi Kidsのコンサートにも出演していて、女性アーティストだけでなく、男性アイドルグループまで、幅広くいろいろなアーティストのバックダンサーを務めています。

安室奈美恵のバックダンサー

中でも安室奈美恵さんのバックダンサーを務めるには、相当なダンススキルが必要と言われていました。

下のライブ映像からもうかがえますが、安室奈美恵さん自体のダンスパフォーマンスが優れているので、サポートするバックダンサーにも高いレベルが求められるのでしょう。

安室奈美恵さんの右後ろで、ピンクのエクステを付けている方が武田舞香さんです。
キレのあるダンスと、セクシーなダンスがとても素敵ですね!

安室奈美恵さんのバックダンサーは、選ばれてからも常にリハーサルやライブ中にダンスレベルを上げていかなければなりませんでした。

バックダンサーの見え方にも厳しく、立ち位置やフォーメーションも重要視されているため、練習の段階でも一切手を抜くことはないそうです。

上記のことはプロのダンサーとして当たり前のことかもしれませんが、安室奈美恵さんのバックダンサーは特に厳しいと言われています。

上の動画の5秒あたりから、武田舞香さんのソロダンスが始まります。

安室奈美恵さんは専属のバックダンサーは持っていなかったそうで、いつもライブごとにオーディションでバックダンサーを決めていたそうです。

そのため、有名なダンサーでも簡単につとまらないほど難関と言われています。

オーディションではバックダンサーとしての精神面、体力面、技術面をチェックされ、激しいライブパフォーマンスに相応しいかを判断されていたと言われています。

 

上の写真はバックダンサーとして参加していた時の武田舞香さんです。

プロフィールで乗せた画像と

と比べると、メイクも濃く雰囲気が全然違います。

プロフィール写真よりも若いこともあるかもしれませんが、安室奈美恵さんのライブで気合が入っているのだと思います。

武田舞香さんは2006年に行われた「namie amuro BEST tour “Live Style 2006”」に参加していました。

出典元:Twitter

安室奈美恵さんのライブにバックダンサーとして参加できたということは、最高峰のダンススキルを持っていると言っても過言ではないかもしれませんね。

また、多くのバックダンサーは、安室奈美恵さんのバックダンサーになりたてのとき、いっぱいいっぱいのまま終わる方も多いそうですが、武田舞香さんは堂々と踊っています。

このことから武田舞香さんは、ダンススキルはさることながらメンタルの面でも優れていることがうかがえます。




武田舞香の現在もダンサー!

武田舞香さん自身はSNSをしていませんが、仲の良い友人のSNSに度々登場しています。

中でも板野友美さんのInstagramによく登場しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

板野友美(@tomo.i_0703)がシェアした投稿

板野友美さんの右隣りにいる髪の長い方が武田舞香さんです。

AKB48時代からの仲で、ソロとなった現在でも板野友美さんのバックダンサーを務めています。

ダンサー時代に比べると、落ち着いた大人の女性になっていますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

板野友美(@tomo.i_0703)がシェアした投稿

板野友美さんの後ろにいる武田舞香さん。

30代半ばには見えない可愛らしい姿を見せていますね!

 

また、ダンサーの仲宗根梨乃さんのSNSやブログにも多く登場しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rino Nakasone 仲宗根梨乃(@rinokinawa)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rino Nakasone 仲宗根梨乃(@rinokinawa)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rino Nakasone 仲宗根梨乃(@rinokinawa)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rino Nakasone 仲宗根梨乃(@rinokinawa)がシェアした投稿

こちらは2018年の武田舞香さんです。

動画(上の画像を左にスライド)には武田舞香さんの声も入っていて、仲宗根梨乃さんの愛犬と戯れる姿が映っています。

元々、犬が大好きだそうで、とても嬉しそうですね。