東京オリンピック

群馬県の聖火ランナー|芸能人・有名人・著名人ランナーのコースや時間や日程まとめ!

2020年3月31日(火)~2020年4月1日(水)の間に、東京オリンピックの聖火リレーが群馬県で開催されます。

群馬県では現在のところ、有名人・芸能人・著名人・スポーツ選手のランナーが4人走ることが決定しています。

今回は群馬県の聖火リレーにおける

  • 有名人ランナーのプロフィールや選ばれた理由
  • 誰がどこを何時に走るのか?

について整理してみました。

芸能人聖火ランナー群馬県 井森美幸

プロフィール

名前:井森美幸(いもり みゆき)
生年月日:1968年10月26日
出身地:群馬県 甘楽郡 下仁田町
所在地:東京都
職業:タレント 歌手
実績:1984年第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン グランプリ メトロポリタン歌謡祭優秀新人エメラルド賞

選ばれた理由は?

井森美幸さんは群馬県甘楽郡、下仁田町出身のタレントで歌手です。

1984年第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンで12万人の中からグランプリを獲得しました。

1985年注目の一押しアイドルとして「瞳の誓い」で歌手デビューしCMの曲と使われ、メトロポリタン歌謡祭で優秀新人エメラルド賞を受賞せれました。

当時のキャッチフレーズ「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありもせん」を現在も独身のため「未だに、誰のものでもありません」と自身でネタにされてます。

1986年にテレビドラマ「遊びじゃないのよ、この恋は」で主演に抜擢されますが、アイドルとしてはおもうようには活躍は出来ませんでした。

同期には中山美穂さ、斉藤由貴さ、森口博子さん、南野陽子さんなど現在も活躍されている方が数多くいます。

ユニークなキャラクターを活かしバラエティ番組で重宝され多数出演して「元祖バラドル」と呼ばれ現在もバラエティ番組で活躍されています。

2008年に地元群馬県の宣伝をする「ぐんま大使」に任命された事もあって、群馬県の聖火ランナーに選ばれたと思います。




芸能人聖火ランナー群馬県 中山秀征

プロフィール

名前:中山秀征(なかやま ひでゆき)
生年月日:1967年7月31にち
出身地:群馬県 藤岡市
所在地東京都:
職業:お笑い芸人 タレント 司会者 俳優
実績:第30回ベスト・ファーム・イエロー・リボン賞芸能部門賞

選ばれた理由は?

中山秀征さんは群馬県、藤岡市出身のタレントで司会者として活躍されています。

俳優に憧れて1981年に児童劇団「N・A・C」に入団し3ヶ月後に、火曜サスペンス劇場「狙われた女教師」に準主役に抜擢され芸能界デビューされました。

俳優になるため群馬を飛び出して中学3年の3学期か神奈川県の中学校に転校し、知人や学校の先生の家に下宿しながら、1984年渡辺プロダクションのオーディションに合格しました。

1985年に松野大介さんとお笑いコンビ「ABブラザーズ」を結成します。

フジテレビの「ライオンのいただきます」に出演し若い女性から人気が出ますが、番組降板後にコンビは解散します。

単独での俳優や司会の仕事にシフトし1991年に人気テレビドラマ「東京ラブストーリ」や「デパート!夏物語」に出演します。

日本テレビ「DAISUKI‼︎」に松本明子さん飯島直子さんと出演し人気番組になりました。

現在は司会者を中心に活躍されて、同じ群馬県出身の井森美幸智さんと共に「ぐんま大使」に任命されています。

以上の理由より、地元群馬県に貢献している事で群馬県の聖火ランナーに選ばれたと思います。




芸能人聖火ランナー群馬県 荻原次晴(スキー)

プロフィール

名前:荻原次晴(おぎはら つぎはる)
生年月日:1969ねん12月20日
出身地:群馬県 吾妻郡 草津町
所在地:
職業:スポーツーキャスター コメンテーター 
実績:1995年ノルディックスキー世界選手権団体戦金メダル 1998年永野オリンピック日本代表個人6位入賞、団体5位入賞

選ばれた理由は?

荻原次晴さんは、群馬県、草津町出身の元スキーノルディック複合選手で現在はスポーツキャスター、コメンテーターとして活動されています。

幼少期に器械体操を体操教室で双子の兄、健司さんと共に習い、小学5年生から草津スポーツ少年団でスキージャンプを始め、草津町立草津中学校時代には全日本中学選手権に出場されています。

その後早稲田大学人間科学部入学し全日本強化指定選手に、1994年全日本選手権で3位入賞しノルディック複合ワールドカップに初出場します。

1994〜1995年のワールドカップ、チェコ・リベレツ大会、ノルウェー・オスロー大会で準優勝をしました、両大会とも優勝は兄の健司さんでした。

1998年の長野オリンピックに出場し、個人6位、団体5位に入賞しその後のワールドカップに出場しこの大会をもって現役引退しました。

引退後、スポーツキャスター、コメンテーターに転身し、ウィンタースポーツの普及に努めタレントとしても活動をしています。

群馬県出身でスキーノルディック競技で活躍した事で群馬県の聖火ランナーに選ばれたと思います。




芸能人聖火ランナー群馬県 堀江翔太(ラグビー)

プロフィール

名前:堀江翔太(ほりえ しょうた)
生年月日:1986年1月21日
出身地:大阪府 吹田市
所在地:
職業:ラグビー選手
実績:ラグビー日本代表

選ばれた理由は?

堀江翔太さんは、大阪府、吹田市出身のラグビー日本代表でラグビー選手です。

2001年に大阪府立島本高校ラグビー部に入部し卒業後、帝京大学ラグビー部に入部されました。

4年生の時には主将になり、全国大学選手権ではチームを牽引しベスト4に貢献しています。

2008年に三洋電機ワイルドナイツに所属しています。

2008年から2009年まで、ニュージーランド・カンタベリーアカデミーに留学経験があり、翌年トップリーグの年間最優秀選手に選出され、2年連続でベスト15に選出されます。

2011年、ラグビーワールドカップ2011で日本代表に選出され、ワールドカップでは3試合に出場しました。

2014年にはパナソニック・ワイルドナイツの主将を務めて、ジャパンラグビートップリーグと日本選手権で優勝し初の2冠を達成します。

翌年、首の手術の為スーパラグビーの参加を断念しています。

新たにスーパーラグビーに参加するサンウルフルズと契約し、初代主将を務める事になりました。

2019年のラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出され、大会での日本代表の活躍で空前のラグビーブームに貢献し、ラグビーの盛り上がりをオリンピックに繋げるためにも群馬県の聖火ランナーに選ばれたと思います。