スポーツネタ

岩手県の聖火ランナー|芸能人・有名人・著名人ランナーのコースや時間や日程まとめ!

2020年6月17日(水) ~ 2020年6月19日(金)の間に、東京オリンピックの聖火リレーが岩手県で開催されます。

岩手県では現在のところ、有名人・芸能人・著名人・スポーツ選手のランナーが人走ることが決定しています。

今回は岩手県の聖火リレーにおける

  • 有名人ランナーのプロフィールや選ばれた理由
  • 誰がどこを何時に走るのか?

について整理してみました。

岩手県の女優聖火ランナー:能年玲奈(のうねん れな)

プロフィール

名前:能年玲奈(のうねん れな)
生年月日:1993年7月13日
出身地:兵庫県神崎郡神河町
所在地:東京都
職業・肩書き:女優、歌手、ファッションモデル、芸術家、代表取締役
実績:報知映画賞新人賞を受賞、東京ドラマアウォード2013主演女優賞受賞、ザテレビジョンアカデミー賞主演女優賞受賞

選ばれた理由は?

のんはさんは岩手県を舞台にした2013年前期放送の連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインを務め、大ブレークしました。

兵庫県出身の、のんさんですが『あまちゃん』で岩手県を盛り上げて貢献したこと、同作の演技により東京ドラマアウォード2013主演女優賞、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞した実績があります。

上記のことが理由で選ばれたのだと思います。




岩手県の芸能人聖火ランナー:小林陵侑(こばやし りょうゆう)

プロフィール

名前:小林陵侑(こばやし りょうゆう)
生年月日:1996年11月8日
出身地:岩手県岩手郡松尾村(現  八幡平市)
所在地:北海道
職業・肩書き:スキージャンプの選手
実績:ワールドカップ6連勝、2018-19年ワールドカップ総合王者、スキージャンプ週間4戦全勝。

選ばれた理由は?

小林陵侑さんは、岩手県岩手郡松尾村(現 八幡平市)の出身です。

史上3人しか成し遂げられていないワールドカップ6連勝や、2018-19年シーズンでシーズン13勝、表彰台21回と日本人最多実績があり、オリンピック出場経験もあります。

こうした実績やノルディックスキーW杯ジャンプ男子で個人総合優勝を果たしたこと、日本人男子初のスキージャンプ2018-19シーズンW杯総合王者になったこと、そして岩手県出身ということが理由で選ばれたのだと思います。




岩手県の芸能人聖火ランナー:森重隆(もり しげたか)

プロフィール

名前:森重隆(もり しげたか
生年月日:1951年11月6日
出身地:福岡県福岡市
所在地:不明
職業・肩書き:ラグビー元日本代表、指導者日本ラグビーフットボール協会会長
実績:高校ラグビー全国大会経験、ラグビー元日本代表(8試合主将も務める)、日本ラグビーフットボール協会会長就任

選ばれた理由は?

森重隆さんは、福岡県福岡市出身です。

実業団時代の1978年から84年にかけて日本選手権7連覇という偉業を達成し、その強さから「北の鉄人」と呼ばれ、日本ラグビー史に一時代を築いたチームである新日鉄釜石(現 釜石シーウェイブス)に所属しておりました。

この黄金期を支えた一人であることと、釜石市をラグビーの町と広く認識させた実績があることが選ばれた理由だと思われます。

聖火ランナー有名人・芸能人一覧!日程やルートまとめ【都道府県別】2020年の東京オリンピックの聖火リレーで走る芸能人・有名人・スポーツ選手・著名人の聖火ランナーを一覧にしてまとめてみました! 都...