東京オリンピック

京都府の聖火ランナー|芸能人・有名人・著名人ランナーのコースや時間や日程まとめ!

2020年5月26日(火)~2020年5月27日(水)の間に、東京オリンピックの聖火リレーが京都府で開催されます。

京都府では現在のところ、有名人・芸能人・著名人・スポーツ選手のランナーが3人走ることが決定しています。

今回は京都府の聖火リレーにおける

  • 有名人ランナーのプロフィールや選ばれた理由
  • 誰がどこを何時に走るのか?

について整理してみました。

芸能人聖火ランナー京都府 正田絢子

プロフィール

名前:正田絢子(しょうだ あやこ)
生年月日:1981年11月13日
出身地:大阪府 吹田市
所在地:京都府
職業:女子アマチュアレスリング選手
実績:1999年世界選手権優勝 2005年ワールドカップ、世界選手権優勝 2006年世界選手権優勝 2008年世界選手権優勝

選ばれた理由は?

正田絢子さんは大阪府出身の元女子アマチュアレスリング選手です。

伊調千春さんと共に京都府立網野高校生に進学し卒業され1999年に世界選手権で優勝。

その後けがで低迷していましたが、復調し2005年、2006年世界選手権を2連覇しました。

2007年に世界選手権で伊調馨さんが優勝し、北京オリンピックの代表に決定したため正田絢子さんの北京オリンピック出場は残念ながら叶わず。

2007年1月の全日本選手権と同年4月のジャパンクイーンズカップで伊調馨さんと対戦しましたがいずれも完敗に終わってしまいました。

2008年階級を59kg級に戻して世界選手権に出場し、4度目の優勝をされています。

現在は京都府立網野高校で教諭をされています、女子アマチュアレスリングの実績を評価され京都府の聖火ランナーに選ばれたと思います。

芸能人聖火ランナー京都府 佳つ雛

プロフィール

名前:佳つ雛(かつひな)
本名:不明
生年月日:不明
出身地:栃木県 宇都宮市
所在地:京都府
職業:祇園芸妓
実績:とちぎ未来大使

選ばれた理由は?

佳つ雛さんは、栃木県宇都宮市、出身の京都祇園甲部「小田本」の芸妓さんです。

佳つ雛さんは中学生の時に京都で「都をどり」を見て舞妓に憧れ、高校在籍中に舞妓の世界に入りました。

当初は父親に反対されましたが、舞妓になって今は両親とも応援してくれているそうです。

2013年にパナソニックののCMで話題になり京阪電鉄のCMのも出演されています。

舞妓さんから襟替えをし芸妓さんになられ日本文化、京都の花街文化をオリンピックで世界に伝えてるために、芸妓の佳つ雛さんが京都府の聖火ランナーに選ばれたと思います。

芸能人聖火ランナー京都府 佐藤康光

プロフィール

名前:佐藤康光(さとう やすみつ)
生年月日:1969年10月1日
出身地:京都府 八幡市
所在地:不明
職業:将棋棋士
実績:1987年3月25日 四段(奨励会三段昇段後13勝1敗)プロ入り1989年4月1日五段(順位戦C級1組昇級)1992年3月25日六段(勝数規定)1993年10月1日七段(竜王挑戦)1996年4月1日八段(順位戦A級昇級)1998年6月18日九段(名人位獲得)

選ばれた理由は?

佐藤康光さんは京都府八幡市出身の、将棋棋士です。

大阪府枚方市の師匠である田中魁秀さんの将棋教室に通っていました。

父親の転勤のため八幡から東京都区内に転居したことで関東奨励会に移籍をします。

このとき「名人候補を東京に取られた」と関西の棋士たちが嘆いたと言う噂です。

1987年のプロ入りから約3年後の1990年、第31期王位戦で谷川浩司王位への挑戦権を獲得し、タイトル戦に初登場するもフルセットの3-4で敗れてしまいす。

1993年第6期竜王戦にて挑戦者となり、当時の竜王は五冠王の羽生善治さんだしたが七番勝負を4-2で制し、初のタイトル獲得を果たします。

翌年の第7期竜王戦、さらに翌年の第8期竜王戦で羽生善治さんと対戦し3年連続同一カードとなりました。

2002年に羽生善治さんに第51期王将戦で挑戦します。

この時キウイをおやつに大量に食べ羽生善治さんから王将を奪取したことが、ネット上でも話題になっていました。

2017年に谷川浩司の会長辞任を受けて、第二次世界大戦後16人目となる日本将棋連盟会長に就任され、将棋棋士とし数多くの功績を残し、京都府出身と言う事で京都府の聖火ランナーに選ばれたと思います。